スポット情報 接続手順 接続機器 よくあるご質問 about FREESPOT
キャンペーン 活用ガイド テーマソング 導入オーナ様情報

Q&A集【利用者向】

| サービス全般 | | セキュリティ全般 | | トラブル全般 |

サービス全般

「FREESPOT」とは、どのようなサービスですか?
無線LANでインターネットにアクセスできる環境をお客様に開放し、自由に使っていただけるエリア・サービスのことをいいます。11Mbpsまたは54Mbps無線LAN+ブロードバンド回線で高速なインターネットアクセスを実現。会社や家庭で利用している無線LAN対応のPCやPDAを使って、カフェ、ホテル等でブロードバンドインターネットが利用できます。アクセス環境を提供されるオーナ様も、利用者の方もどちらにもメリットのある環境づくりであり、これからのネットワーク社会の新たなインフラとして、普及しています。

「FREESPOT」の特長は何ですか?
(1)11Mbps(IEEE802.11b)、または54Mbps(IEEE802.11g)無線LAN対応のPCやPDA、携帯電話、携帯ゲーム機等の機器であれば、自由に使っていただけます。サービスは無料から有料まで様々ですが、大半が無料で提供されると思われます。くわしくはFREESPOTマップ各店をご覧ください。
(2)利用者様のセキュリティを確保しています。※
気軽に、自由に使えても、セキュリティが心配という方のために、アクセスポイント自体にPrivacy Separator機能等のセキュリティ機能を搭載。隣のPCにデータを見られなくすることや、アクセスの制限をかける等、安心してインターネットを楽しんでいただけます。
※FREESPOT導入キットを利用したアクセス環境に限ります。

電波の到達距離は?
電波干渉がなく、見晴らしが良い屋外で100m以上届くような性能は持っておりますが、
障害物等の影響により電波の反射、干渉が多い屋内では大体、半径20m~30m程度を目安としてください。

現在「FREESPOT」のサービスエリアはどこにあるのですか?
詳しくは、FREESPOTマップをご覧ください。

料金はいくらですか?
サービスは無料であることが前提になりますが、場所によっては宿泊者のみ、飲食者のみへのサービスの提供となるスポットがあります。詳しくは、FREESPOTマップをご覧ください。

「FREESPOT」を利用するには何が必要ですか?
IEEE802.11bまたはIEEE802.11g対応の無線LANカード、あるいはIEEE802.11bまたはIEEE802.11g対応の無線LAN機器(無線LAN内蔵PC等)をご準備ください。

利用できる機器に制限はありますか?
「FREESPOT」は、WindowsPC、Macintosh、PDA、携帯電話、携帯ゲーム機等の多種多様な機器でご利用が可能です。

「FREESPOT」での電源は利用できますか?
店舗によっては電源をご利用いただける場合があります。詳しくは、FREESPOTマップの電源使用可マークをご覧ください。

自分の契約しているプロバイダーのメールは使えますか?
FREESPOTオーナー様と同じプロバイダであれば、そのままお使いいただけ、FREESPOTオーナー様とユーザー様の使いたいプロバイダが違う場合は、ユーザー様の使いたいプロバイダーにより、メール送受信の可否に違いがございます。詳しくは、プロバイダー様にご確認下さい。なお、多くのプロバイダーでは、受信はそのままお使いいただけ、送信は、一度受信してから(受信メールはなくてもよい)、送信を行うPOPbeforeSMTP(※1)とよばれる機能などをお使いいただくことで、送信も使えるようにしているところが多いようです。
ご参考までに何社かの対応状況をご紹介いたします。

他のプロバイダーからのメールについて(※2
プロバイダ名 受信 送信
 ODN
 DION
 FUSION
 SpinNet
 NIFTY
 BIGLOBE
 hi−ho

※1・・・POP before SMTP(出典:デジタル大事典)
電子メールの不正利用を防止するための仕組み。電子メールを読み出すときに利用するPOPサーバー(POP:Post Office Protocol)にまずアクセスしてからでないと、電子メールを送るときに利用するSMTPサーバー(SMTP:Simple MailTransfer Protocol)にアクセスできないようにする。
※2・・・各社により送信方法は違いがございます。
詳細は各社のHPでご確認下さい。

「FREESPOT」を利用するうえで、留意すべき点はありますか?
基本的には自由に使っていただけますが、掲示板への誹謗中傷的な書込みや不正メールの発信等の不正アクセス行為はお断りしております。
なお、「FREESPOT」ご利用者様の接続記録を自動的に控えさせていただく場合があります。
また、「FREESPOT」は、公共機関が提供する場合は住民サービスとなり、対価を支払う必要はありませんが(無線サービスの原資は税金になります)、店舗・ホテルなどが提供する場合はお客様向けのサービスになりますので、「FREESPOT」自体が無料サービスでも、マナーとして店舗・ホテル等へ対価(食事をする、宿泊する、商品を買う等)をお支払いいただければと思います。

「FREESPOT」を利用してインターネットに接続しようとしたら、メール認証要求画面になった。メール認証とは何ですか?
インターネットが大きく発達したことにより、インターネットを利用した犯罪事件も数多く発生するようになりました。他人のID・パスワードを取得して悪用する不正アクセス行為、インターネットオークション等における架空販売行為、出会い系サイト等による児童買春ポルノ法違反、インターネットの掲示板を利用した犯罪予告行為など、サイバー犯罪といわれる事件です。
FREESPOT専用機器は、こうした犯罪を強力に防ぐために、メール認証機能を実装しています。メール認証機能とは、利用者のメールアドレスを取得することにより、事件発生時に利用ログとメールアドレスから利用者を速やかに特定し、警察の捜査に役立てることができる機能です。また、メール認証によりメールアドレスという個人情報を取得することから、利用者が不正利用を行うことに対して心理的な抑止効果を与えます。
メール認証機能により取得したメールアドレス情報は、犯罪発生時に警察の捜査に役立てたり、利用者やオーナーからの申し立てにより迷惑利用者や悪質設置者の「FREESPOT」使用を制限するブラックリストに利用します。(※1、※2
※1 が表示されるスポットのメール認証で、メールアドレスを広告配信先に利用する利用許諾書に同意した場合は、広告サービスの配信にも用いられます。
※2 が表示されるスポットでのメール認証は、オーナー様の任意で認証の対応がされており、オーナー様でメールアドレスを収集する仕組みですので、収集されたメールアドレス情報の利用目的を協議会で保証するものではありません。オーナー様でメール認証の案内を告知している場合は、各オーナー様の告知内容に従ってください。

FREESPOTでのメール認証の手間を省きたい
が表示されるスポットでは、インターネット接続時に発生するメール認証の手間を省くことが可能です。「FREESPOT」で利用する予定の端末機器のMACアドレスを、メールアドレスと一緒に下記のフォームから事前登録してください。
・事前登録フォーム
・登録したメールアドレスを更新する場合はこちら

フリースポットを利用するのにプロバイダ契約は必要ですか?
利用者様自身がプロバイダにご契約いただく必要はありません。
Wi-Fi接続できる機器をお持ちいただくだけでご利用可能です。

Mapになどのサインマークがない店舗があるのですが。
上記のサインマークがない店舗はFREESPOT準拠のアクセスポイントでない可能性があります。
接続方法やどの規格に対応しているかなど、設置オーナーにご確認下さい。
サインマークの意味についてはこちら

セキュリティ全般

「FREESPOT」は、セキュリティ面で大丈夫でしょうか?
気軽に、自由に使えても、セキュリティが心配という方のために、プライバシセパレータ機能を搭載したFREESPOT専用機器の設置を推奨しています。ただし、すべてのスポットがFREESPOT専用機器ではありませんので、FREESPOT専用の機器を設置したスポットには、 を表示しています。FREESPOTマップを確認ください。プライバシセパレータ機能があれば、隣のPCにデータを見られることがないので、安心してインターネットを楽しんでいただけます。 のないスポットでは、パソコンのファイヤーウォール機能を設定し、共有設定などを解除ください。

暗号化文字列(WEPキー) はどうやって取得しますか?
FREESPOTの中には通信を暗号化するWEPキーが設定されている所があります。暗号化されているスポットでは暗号化文字列(WEPキー)を店舗内スタッフに問い合わせるか、店舗内の掲示を確認してください。暗号化文字列(WEPキー)は、設定されていない所も多くあります。また、店舗毎に暗号化文字列は違います。

トラブル全般

最近FREESPOTで、メールが送信できなくなった?
急増している迷惑メール対策として、インターネットサービスプロバイダ(ISP)各社が協調して、迷惑メール対策「Outbound Port25 Blocking(OP25B)」行なってます。メールを送信する際に利用する識別番号(Port25)を制限し、ISPのメールサーバを介して迷惑メールを送信できなくする仕組みです。これによっていままで利用できていたフリースポットでのメール送信ができなくなる可能性があります。
●まずあなたがご利用になっているISP(メールサーバ)がOP25B対策を行っているかをご確認ください。
【確認方法】
ご契約のISPのホームページをご参照ください。OP25B対応状況とともに回避方法が記載されています。以下のサイトに代表的なISPの対応状況・回避方法(各ISPへのリンク)一覧があります。
(財)日本データ通信協会 「SMTP Auth+ サブミッションポート 各社実施状況」 http://www.dekyo.or.jp/soudan/taisaku/i2.html
【回避方法】
Outlook Expressなどのメールソフトの設定を2箇所変更します。
(1)メールの送信ポート [送信メール(SMTP)]を25から587に変更する。
(2)[このサーバは認証が必要]にチェックを入れる。
<Outlook Express6の場合の設定例>
[ツール]・[アカウント]で「インターネットアカウント」画面を表示し、[メール]タブで、利用するメールアドレスを選択、[プロパティ]ボタンをクリックします。

メールアドレスのプロパティ画面の[詳細設定]タブで、[送信メール(SMTP)]の数字を25から587に変更する。

[サーバー]タブで、[このサーバは認証が必要]にチェックを入れ、[設定]ボタンをクリックします。

[送信メール サーバー]画面の[ログオン情報]では、[受信メールサーバーと同じ設定を使用する]にチェックするべきISPと、別途アカウント名、パスワードを必要とするISPがあります。各ISPの情報を確認して設定してください。
※回避方法の実行は、ISPの対応状況を確認した上で実施ください。

FREESPOTに行って、サービスが停止していたら?
FREESPOT設置店のスタッフに問い合わせてください。設置店がなくなっている、FREESPOTが撤去されている場合、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

「FREESPOT」で特定サイトの閲覧や掲示板の書き込みができなくなったのですが?
が表示されるスポットでは、オーナー側の意向により「有害サイトフィルタリング機能」が有効に設定され、特定サイトの閲覧や掲示板の書き込みができない場合があります。
2009年4月1日から施行された「青少年ネット規制法」により、青少年のインターネットの利用に関係する事業を行う者は、その事業の特性に応じ、青少年が「犯罪や自殺を誘引する情報」「著しく性欲を興奮させる情報」「著しく残虐な内容の情報」などの有害情報を閲覧する機会をできるだけ少なくするよう努力義務が課されています。この法律に配慮した機能がFS-HP-G300N、FS-G300Nには実装されており、本機能の働きにより特定サイトの閲覧や掲示板の書き込みができない場合があります。
「有害サイトフィルタリング機能」が動作し、サイトの閲覧ができない場合、代わりにアクセス禁止ページが表示されます。

FREESPOTでメール認証により携帯ゲーム機で通信ができません
が表示されるスポットで、メール認証方式により、PSP(R)(プレイステーション・ポータブル)で、ブラウザによる通信はできるが、インフラストラクチャによるゲームプレイができない場合があります。
この現象を避けるには、
(1) ゲームによる通信を行う前に、ブラウザにより通信を行い、メール認証画面を呼び出してください
(2) メール認証は、

     認証方式 - [メール]
     メールアドレスへの広告送信許諾 - [承諾する(半年間有効)]
を選択してください。

他の店舗で利用しようとしたら、接続方法が異なっていました。
FREESPOTは設置店舗毎にセキュリティポリシーが異なるため、オーナー様の意向により、ご利用方法や接続方法などが異なる場合がございます。
ご利用される際は、設置オーナーに接続方法をご確認下さい。
 

FREESPOT拡大サポータ大募集中!!